10月の不動院仏画教室

10月ですが、夏再来!と言いたいくらい暑い日でした。
不動院教室の皆さんも、県外の方以外、元気よくご参加くださいました!

こちらも、クレド教室同様、和やかで楽しい空気が流れており、笑顔が多い教室です。いつも感謝しております!



不動院教室は、皆さんが、それぞれ異なる課題に挑戦されているので、
私自身の頭が混乱しないように気を付けております。。(笑)
ということで、私は、終始、書院の中を右往左往。。
あっち行っては、うんげん彩色をレクチャーして、こっちに戻れば、刷毛塗りを手伝ったり、声援(?)送ったり…
隣の部屋に行っては裏打ち作業を手伝って…
文科系の教室とは思えないほど、汗かいて動きまくっております。といっても、落ち着きがないのは、私一人ですが…(;'∀')


Img_2301
俱利伽羅龍剣を描かれております。

Img_2299
こちらは、『仏説阿弥陀経』の紺紙金泥経を写経し終えて、見返しなどの挿絵を描かれております。

Img_2302こちらでは、鳳凰のうんげん彩色をされています。もう一息です!!

Img_2303
こちらでは、墨書きされた風天さんと毘沙門天さんを、裏打ちされました。
はじめての裏打ち作業での、なかなかのビッグサイズですが、キレイに裏打ちされました!

行きつかぬ間に、不動院教室が終わりました…皆様、お疲れさまでした。
今年も、残すところ2回となりました。
年々、一年が早く感じます。ぼっといてたら、年末です。。時間って、無駄には出来ません!

 

| | コメント (0)

作品展&レクチャーコンサート

台風が過ぎて、少し秋らしくなりました。
夏場は思考が停止状態になり、資料が全く頭に入ってきませんでしたが、ようやく脳みそが動き始め、年末に向けて、準備を開始しております!

12月19日20日は、不動院書院にて、作品展を開催させて頂きます。
その際、ソプラノ歌手、田坂蘭子さんとのコラボ企画で、レクチャーコンサートを数ステージ開催いたします。
私の描いている弁天さんたちに囲まれて、弁天さんをイメージしたコスチュームジュエリーを身にまとって歌っていただきます。

レクチャーコンサートとは…
レクチャーとは講義、講演、説明という意味である。 つまり「レクチャーコンサート」とは「講義や解説を 伴ったコンサート」と訳せる。
と、ネット上に書いてありました。

歌の合間に、歌の解説や、仏画やジュエリーの解説、2人トークなどなど組み込んだコンサートです。
人前でお話しするのが苦手なので、私にとっては1つのチャレンジになります。
 
先日、アトリエにて蘭子さんと打ち合わせ。
制作途中のジュエリーのフィッティングもお願いしたり。。

Photo_20200913082701 こちらは、イヤーフック(イヤリング)の金具です。

Photo_20200913082704 つけると、こんな感じ。
ご意見子感想を聞いて、いろいろイメージが湧いてきたので、もっと肉付けしたいと思います!

いつもお世話になっている七宝作家、もうりめいこさんとのコラボ作品も進行中です。
今まで作ったことのないアイテムを作りますので、こちらもお楽しみに!

ジャンルは違いますが、個人で創作活動する中、日々感じる喜びや苦労などなど…どこか共通するものがあります。
お話ししていると、心が癒され、元気をもらえました!
Photo_20200913084801
アトリエの玄関のラッキーアイテム、アガベベネズエラのカキコ2株と、ウチワサボテン墨烏帽子の子株が、
蘭子さんのアトリエにお嫁入しました!大切に育てている植物を、喜んでもらえて嬉しいです!!

蘭子さんもコロナの影響を受け、公演が出来ない日々を送られていたのですが、最近、徐々に復活の気配があるそうです。
開催するにあたって、いろいろな制約はあるようですが、活動が再開できるようになって安心されたことと思います!

近日中に出演されるコンサートをご紹介します。

2020年9月27日 アステールプラザ大ホール
「モーツァルト・ガラ・コンサート」 

Photo_20200913082703

2020年10月10日 和光ダイヤモンドビル2階アンバー

「うもんな」

Photo_20200913082702

 

2020年10月17日 府中市文化センター

はじめてのオペラシリーズ「ちいさな音楽会」

Photo_20200913082901

| | コメント (0)

開敷蓮華の透かしペンダント

ある日の晩、仕事の後片付けをしていたら、ご近所さんから、ドンっとお魚が届きました!
5_20200610125901

やず5匹!!
毎度のことながら、キラキラのボディーにキラキラおめめ。
夜中、特訓のごとく、ひたすら捌いて、アトリエが、丑三つ時のスプラッター屋敷と化しました!!!
気づけば、以前よりもキレイに三枚おろしが出来るようになっていました。何かを学ぶ時は、特訓が必要です!
5_20200610130002
昨年から、何度かお魚を頂いていますが、頂いた翌日は、不思議とお仕事の依頼や面白いのお誘いが入るというジンクスがあるんです!ほんとです。
お元気な方なので、良いエネルギーをお持ちなのでしょう。お魚経由で、私のエネルギーも良い循環をしているような気がします(^^)
心より感謝です!


大輪の蓮の花をモチーフにした透かしのペンダントです。

Photo_20200610132201

左は、ペアシェイプカットのアメジストを花弁に見立てたタイプ。
右は、満月をムーンストーンで表現したタイプ。
どちらも、大きさ30ミリ(縦)大きすぎず、小さすぎず、ちょっぴり存在感ありなペンダントです。
透かし模様なので、見た感じより、だいぶ軽いです♪

満開の蓮は、開敷蓮華(かいふれんげ)と呼ばれます。
仏教では、修行の段階を蓮の花の開き具合にたとえられることがあります。
つぼみは、これから修行が始まります。悟れる可能性が花の中に隠されているのです。
ちょっぴり開いた蓮の花は、未開敷蓮華。悟りの一歩手前。こちらも悟れる可能性を内在しています。
そして、満開の蓮は悟りの象徴。仏様の姿とも言えますね!

| | コメント (0)

新年の不動院仏画教室

寒い日が続いておりますが、江波山ウォーキング続行中。
江波山はニャンコ天国。なぜか気合の入った厳つい猫が多いです。先日は、猫がカラスに襲い掛かる瞬間を目撃。。ビビりました…汗

こちらは、衣羽神社のニャンコちゃん。
お賽銭箱に座って招き猫みたいです。(笑)
Photo_20200116235001

Photo_20200116235301
「お賽銭するけー、のいて!」って言っても、微動だにせず…
ちょっとメンチ切られてるっぽいですが…話しかけると、じーっと聞いてくれる、とっても優しい猫ちゃんです。

こちらの三毛猫ちゃんも神社でよく見かけます。とっても人懐っこくて、ずーっと足に寄り添ってくれます。
Photo_20200116235002
江波山の神社猫たちに癒されて、仕事場に戻ります。

先週末は、今年第一回目の不動院仏画教室を開講。
寒い時期は、体調や天候不良でお休みが多くなりますが、皆さん、元気に集まってくださいました!

うんげん彩色、装飾写経、淡彩色、紺紙金泥画、線描きと、生徒さんそれぞれ、それぞれの課題があり、
私も混乱しそうになりながら、教室中を駆け回りました!

体験教室には、私と同世代と思われる男性がお一人でご参加されました。
不動院教室は女性ばかりで、元気が良く、女性パワー炸裂しておりますので、男性は圧倒されるのではないかと思います。。苦笑
そんな中、しっかり集中されて描いてくださいました。私はバタバタ動き回って、あまりお話することは出来ませんでしたが、心よりお疲れさまと言いたいです!

生徒さんのお一人が、ご家族の都合やご自身の体調不良で、このお正月を一人で過ごされ
仏画教室に参加するまで、他者とお話しする機会がなくて寂しかったとおっしゃっておられました。
生徒さんは山間部に住まれる70代後半の方で、年末に運転免許を返納された上に、体調を崩され、身動きも取れなかったとのこと。心細かったことと思います。
教室が終わり、生徒さんから「教室の皆さんと過ごし、いつもより増して楽しく過ごせました!」と元気なご感想メールをいただき、ホッと一安心しました。。(^^)

また今年も、仏画教室の一年が始まりました!
仏教を学ぶ場ですので、厳格にする場面も必要ですが、まずは心身の健康が大事。お互いを敬える心を持って、明るく楽しく。
参加してくださった方には、笑顔でお家に帰ってもらえるような教室にしていきたいと思っております!

| | コメント (0)

9月のちゅーピーカレッジ仏画教室

9月のちゅーピカレッジ仏画教室開講。
今回は、生徒さんが、紺紙金泥画「不動明王座像」を完成されました!
以前使用していた紺紙(黒に近い紺)が廃盤となり、今回から少々明るめの紺紙を使用しました。
Photo_20190906194601
紺紙金泥画は、今回で二回目、工程が身についておられて、スムーズに進みました。
細かい衣の文様も、フリーハンドで描けるようになりました!
お疲れさまでした!

教室では、大型下絵の墨線描きにチャレンジされる方が増えてきました。
Photo_20190906194602
以前から続けておられる「孔雀明王坐像」の線描きが終了されました!
細やかな羽毛を、リズミカルに、一本一本丁寧に根気よく描かれる姿には尊敬します!

ということで、紺紙完成された方と、孔雀明王を描き切った方、お二人一緒に、極彩色画に挑戦して頂くことになりました!
教室開始三年目で、初の極彩色。いよいよ本格的な作品制作の幕開け。描く本人ではない私が嬉しくって…

Photo_20190906195401
墨線を和紙に写すところまで進みました。次は裏打ちです。

いろいろ未熟なところが多い私ですが、
教室が終わり、帰り際に、生徒さんから「勝山さんに習えることが嬉しい…」といってもらい感動。。
ありがたいメッセージを胸に、また仏画の勉強頑張ります!

| | コメント (0)

8月の仏画教室

8月も、仏画教室2講とも、皆さん、元気にお集まりいただきました。

まずは、ちゅーピーカレッジクレド教室。
作品制作中の方が一名以外は、線描きの練習をされています。
小さな下絵を描き終えた方々は、大型の下絵に挑戦されています。

こちらは、孔雀明王の大型下絵に挑戦されている様子。
一線一線、丁寧かつスピーディーに。大変上達されました!
82
教室終了、残り時間5分のところで、孔雀の羽を描き切り、満面の笑み!お疲れさまでした!!
8

続いて、週末は、不動院教室が行われました!
83
新しいメンバーがお一人加わりました!仏画に興味を持ってくださる方が一人でも増えると、とっても嬉しいです。
一度や二度、描いただけでは、仏画の良さを理解することはできませんので、ぜひとも、細く長ーく、続けて頂けたらと思います!

ただいま、不動院教室では、装飾写経ブーム到来!
今回、お二人が台紙の挿絵を完成されたので、金属箔で砂子を撒いていただきました!

蓮の花から気が湧出している様子をイメージして撒いてもらいました。
気の流れは曲線で表現しますが、その曲線が凸凹していたり、途切れていたら、気が上手く流れません!!なめらかな曲線を!

淡彩色の挿絵を描かれた方は、砂子2回目でしたので、なれた手つきで撒かれました!

84

こちらは、紺紙金泥写経。砂子初体験でしたが、器用に撒かれました!

85_20190817150601

どちらの教室も、いつもと同様、真剣かつ和やかに教室が終了しました!
教室の生徒さんに恵まれているなぁ。。と、ありがたく思っています。

家に戻ったら、不動院教室の生徒さんから、画像入りメッセージが届きました。
86
お家に帰られて、完成した台紙に、般若心経を写経されたとのこと。
金の発色ばっちりで、しっかりお経が書けましたね!
生徒さんから、このような報告を頂いた時、嬉しい気持ちでいっぱいになります!!

| | コメント (0)

広島銀行牛田支店仏画展の作品紹介!

先月から広島銀行牛田支店さんで開催中の、不動院仏画教室仏画展が、来週7月3日で 終了いたします。

会場の模様と、生徒さんの力作を、どうぞごらんください! 

Img_6077

昨年から、教室内に装飾写経ブームが巻き起こっております!
紺紙金泥写経、ヤシャブシで染めた和紙に淡彩色画を描いた写経など…
それぞれが、アイデアを盛り込みながら制作されている姿が素晴らしく、私は嬉しくなってしまいます!
紺紙金泥画の大日如来の周りに般若心経を写経するスタイルは、古株の生徒さんが考案されたアイデアです。
教室の生徒さんの中で大流行しました!

Img_6079

↓こちらの写経は、「延命十句観音経」です。クレド教室の生徒さんの作品。
短い期間で、集中して、根気よく丁寧に描かれました!この二年間で、線描きがとっても上手になられました。
1d25897b3dc44d518e8b81756f01cc0c


2fd326920a2749e586693a9cf4acfaea
中央は、供養菩薩と宝相華のうんげん彩色。
左は、紺紙金泥画の大日如来座像。こちらは、クレド教室の生徒さんです。

最後は、私の双龍です。
76de03ef3c9a45c983dc5c98453c35de

仏画は、本来は仏間にかけて、丁寧に供養すべきで、人に見せびらかして自慢するものではありません。
でも私は、床の間で「自分だけの仏様」であるだけではなく、より多くの方々に、「仏画」というものが存在することを知ってもらうことも大事だと思いますので、ギャラリー展を喜んでお引き受けしております。
テレビや身近で、「もしかして、仏様がいなくなってしまったのかな??」って思ってしまうような、理解しがたい場面を目にすることが多くなりました。
私には何も出来ませんが…自分の描いた仏さまの絵に癒されたと言ってもらえたり、教室で生徒さんに喜んでもらえる機会が、少しずつ増えていけたら嬉しいです。




 

| | コメント (0)

京都へ

二カ月ぶりに京都へ仏画修行。

94bf456e14254ab28c1132ab10081bb0

導場の玄関では、蓮がお出迎え。かわいいですねぇ。

智光曼荼羅の本尊、阿弥陀如来坐像。

前回から、少し時間が経ってしまったので記憶が曖昧になってたからか…墨線描きが想像してたより、全然進んでいなかったことに、朝一びっくりしてしまいました…汗

気を取直し…墨をすり、残りの部分をテキパキと書き進めました。

線を描き切ったら、次はバック塗り。

絹の裏側に彩色する、裏彩色を採用。ブルー系に決定!

午後はほとんど絵の具を溶いて終わりました。。汗

D68e5e24fb3b44589316d32e29c07cc9

そして彩色は一瞬。

表側に絵の具が透けるので、少し柔らかな色彩になります。

ここまでの作業が完了したら、1日が終了。広島へ戻ります。

あっという間の京都滞在でしたが充実!

地に足つかない二ヶ月間でしたが、京都に行けたということは、普段の生活が戻って来たんだなぁと実感しました!

新しい場所での活動もなれてきたし、来月は、もっとペースを元に戻せたらと思います!

 

 

 

 

| | コメント (0)

6月の不動院仏画教室

今月も、不動院仏画教室を開講しました!
前日の大雨で、避難勧告が出された地域にお住まいの生徒さんも何人かおられましたが、皆さん無事でした!元気なお顔が見られ安心しました。

雨上がりのさわやかな空気と心地よい風、境内から聞こえるお琴の音色に癒されながら、作業開始!

不動院教室のメンバーは、いろいろな彩色画にチャレンジされています。

Photo_64
こちらは、暈繝(うんげん)彩色の鳳凰です。
色鮮やかなバックの牡丹色に、葉っぱの部分に寒色のうんげんが入り、全体のバランスが少しずつ取れてきました!
若草色とボタン色のハーモニーが良いですね!


こちらは淡彩色に挑戦されています。
Photo_63
下絵を墨書きし、裏打ち。
その後、ヤシャブシという実を煎じた煮汁で和紙を染めました。
教室で使っているヤシャブシは、こちらの生徒さんのご親戚が、わざわざ山で収穫してくださったものです!いつもありがたいです。


こちらは、紺紙金銀泥写経『仏説阿弥陀経』。
Photo_62
写経の枠線を「界線」といいまして、溝さしとガラス棒を使って、直線描きを行います。
単純作業ではありますが、慣れるまで、なかなかうまく線が掛けません。。毎回、一線一線、ゆっくり、生徒さんと共同作業で引いています!


今回のおやつは、浅野四十二万石本舗天光堂の「江波山蕨ロール」をチョイス。
江波舟入~吉島~千田エリアの方にとって、なじみのある和菓子屋さんといえば天光堂。だと思う。。

もちもちの手作り蕨餅と大納言と鶯きな粉が入った、抹茶風味のロールケーキ。
Photo_60
江波に引っ越してきて、毎朝、江波山を眺めています。
こじんまりとして、細長いお山の
フォルムとロールケーキ、どこか似ているような気がしました。。

上品な甘みで美味しかった!
Photo_61 

今回の教室も、活気があり、楽しく過ごさせて頂きました。
教室が終わった後、生徒さんから感想メールを頂くのですが、その中に、「元気を頂きました!」とあり、とても嬉しく思いました。
仏画を上手に描くことも、大切な目標の一つですが、仏画を通して、元気に、前向きになってもらうことが大事だと思っています。
「元気」こそが、この仏画教室の最大テーマなんです!
不動院教室には、around80の方が3名、クレド教室にはaround90の方が一名いらっしゃいます。
「なぜそんなに元気なの?」と聞きたいくらい、活動的で、パワフル!

私も皆さんを見習って、元気満々なアラ80になりたいと思っています!


| | コメント (0)

不動院仏画教室仏画展@広島銀行牛田支店

広島市内は、昨夜から大雨が降り続け、各地で避難勧告が発令されました。皆様のお住まいは大丈夫だったでしょうか?
私のアトリエも、避難勧告が出ましたが、おかげさまで無事に過ごしております!

昨日の大雨で、テラスに雨水が溜まって、プール状態で、あわや床上浸水!という危機が迫りました。。排水溝に蓋した状態になっていたのが原因でした。これから梅雨になるので、くれぐれもお気を付け下さい。

不安定なお天気ですが、本日から、広島銀行牛田支店様で、不動院仏画教室仏画展が始まりました!

2019年6月7日~7月3日
9時~15時
広島銀行牛田支店 広島市東区牛田旭2-6-19 082-222-5151
http://www.hirogin.co.jp/network/index.php?act=Detail&atm_code=12100000

昨日は、教室生徒さん2名にお手伝い頂き、搬入してきました。
毎年恒例行事となりつつありまして、私、生徒さん、行員さんとの連携プレーが炸裂して、時間短縮で、あっという間に搬入完了!
進歩です!

今回は、不動院教室、クレド教室2教室合同です。
クレド教室は二年目となり、2名の作品を展示できるようになりました。
そして、前回、作品制作画できなかった生徒さんにも、出展して頂けました。
そしてそして、昨年から、受講内容に加わりました装飾写経初出展。
小さな前進が沢山ありました。
小さな前進の積み重ねが、大きな変化を生みます。
これからも、教室内に前進する気持ちが充満するよう、まずは私自身が元気に制作したいと思います!(笑)

生徒さんの日々の努力の結晶。ぜひごらんください!




 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧