新年の不動院仏画教室

寒い日が続いておりますが、江波山ウォーキング続行中。
江波山はニャンコ天国。なぜか気合の入った厳つい猫が多いです。先日は、猫がカラスに襲い掛かる瞬間を目撃。。ビビりました…汗

こちらは、衣羽神社のニャンコちゃん。
お賽銭箱に座って招き猫みたいです。(笑)
Photo_20200116235001

Photo_20200116235301
「お賽銭するけー、のいて!」って言っても、微動だにせず…
ちょっとメンチ切られてるっぽいですが…話しかけると、じーっと聞いてくれる、とっても優しい猫ちゃんです。

こちらの三毛猫ちゃんも神社でよく見かけます。とっても人懐っこくて、ずーっと足に寄り添ってくれます。
Photo_20200116235002
江波山の神社猫たちに癒されて、仕事場に戻ります。

先週末は、今年第一回目の不動院仏画教室を開講。
寒い時期は、体調や天候不良でお休みが多くなりますが、皆さん、元気に集まってくださいました!

うんげん彩色、装飾写経、淡彩色、紺紙金泥画、線描きと、生徒さんそれぞれ、それぞれの課題があり、
私も混乱しそうになりながら、教室中を駆け回りました!

体験教室には、私と同世代と思われる男性がお一人でご参加されました。
不動院教室は女性ばかりで、元気が良く、女性パワー炸裂しておりますので、男性は圧倒されるのではないかと思います。。苦笑
そんな中、しっかり集中されて描いてくださいました。私はバタバタ動き回って、あまりお話することは出来ませんでしたが、心よりお疲れさまと言いたいです!

生徒さんのお一人が、ご家族の都合やご自身の体調不良で、このお正月を一人で過ごされ
仏画教室に参加するまで、他者とお話しする機会がなくて寂しかったとおっしゃっておられました。
生徒さんは山間部に住まれる70代後半の方で、年末に運転免許を返納された上に、体調を崩され、身動きも取れなかったとのこと。心細かったことと思います。
教室が終わり、生徒さんから「教室の皆さんと過ごし、いつもより増して楽しく過ごせました!」と元気なご感想メールをいただき、ホッと一安心しました。。(^^)

また今年も、仏画教室の一年が始まりました!
仏教を学ぶ場ですので、厳格にする場面も必要ですが、まずは心身の健康が大事。お互いを敬える心を持って、明るく楽しく。
参加してくださった方には、笑顔でお家に帰ってもらえるような教室にしていきたいと思っております!

| | コメント (0)

今年の不動院仏画教室終了!

週末は、今年最後の不動院仏画教室でした!
寒い中、今回も全員集合。今年は一年を通して、生徒さんの参加率が高く、たいへんうれしく思いました!
皆さん、それぞれに課題があり、様々な作品が見られるので彩り豊か✨教室は活気に満ちています。

12_20191217222801
こちらは、うんげん彩色の鳳凰。
うんげん彩色が進むにつれて、バックの華やかなピンク色が落ち着いて見えてきました。

122
こちらも、うんげん彩色で蓮弁(散華
)を描かれています。

124
紺紙金泥画「不動明王」

123
こちらは、扇面画「蓮池」
バックは、青紫色の布に芯を張って作られたものです。

お茶の時間は、不動院さんと皆さんのご好意で、テーブルにおやつの山が‼️プチ忘年会となりました。

今年も、不動院さん、教室の皆さんには大変お世話になりました。
年々、教室が少しずつ充実してきていると実感していす。コツコツ勉強したことを、教室の皆さんに還元出来るようになれたらと思っています。
来年も、皆さんと一緒に仏画が描けますように🙏

| | コメント (0)

8月の仏画教室

8月も、仏画教室2講とも、皆さん、元気にお集まりいただきました。

まずは、ちゅーピーカレッジクレド教室。
作品制作中の方が一名以外は、線描きの練習をされています。
小さな下絵を描き終えた方々は、大型の下絵に挑戦されています。

こちらは、孔雀明王の大型下絵に挑戦されている様子。
一線一線、丁寧かつスピーディーに。大変上達されました!
82
教室終了、残り時間5分のところで、孔雀の羽を描き切り、満面の笑み!お疲れさまでした!!
8

続いて、週末は、不動院教室が行われました!
83
新しいメンバーがお一人加わりました!仏画に興味を持ってくださる方が一人でも増えると、とっても嬉しいです。
一度や二度、描いただけでは、仏画の良さを理解することはできませんので、ぜひとも、細く長ーく、続けて頂けたらと思います!

ただいま、不動院教室では、装飾写経ブーム到来!
今回、お二人が台紙の挿絵を完成されたので、金属箔で砂子を撒いていただきました!

蓮の花から気が湧出している様子をイメージして撒いてもらいました。
気の流れは曲線で表現しますが、その曲線が凸凹していたり、途切れていたら、気が上手く流れません!!なめらかな曲線を!

淡彩色の挿絵を描かれた方は、砂子2回目でしたので、なれた手つきで撒かれました!

84

こちらは、紺紙金泥写経。砂子初体験でしたが、器用に撒かれました!

85_20190817150601

どちらの教室も、いつもと同様、真剣かつ和やかに教室が終了しました!
教室の生徒さんに恵まれているなぁ。。と、ありがたく思っています。

家に戻ったら、不動院教室の生徒さんから、画像入りメッセージが届きました。
86
お家に帰られて、完成した台紙に、般若心経を写経されたとのこと。
金の発色ばっちりで、しっかりお経が書けましたね!
生徒さんから、このような報告を頂いた時、嬉しい気持ちでいっぱいになります!!

| | コメント (0)

BBEER with Jazz Manouche night!

HANAの本拠地を江波に移して、もうすぐ3か月。
海や山など自然が身近に感じられ、大変のんびりした環境なのですが、生活している人々から活気が感じられます!

はじめの頃は、吉島の空気が恋しくて(笑)毎日通勤してましたが、
週に一回、近所のお寺の
ヨガ教室に参加するようになったり、近所のお店にご飯食べに行ったり、江波生活を楽しめるようになりました。

週末は、以前から気になっていた、クラフトビール醸造所session’sbrewery のカフェFUEL STORE に、
禁酒中の身でありながら…(笑)地元の友達を誘っていってきました!

Img_6727
こちらは、月一回どこかの土曜日に、ニシウラトモアキTRIOによる、ジプシージャズ投げ銭ライブが開催されています。

私は、ウディ・アレンの映画「ギター弾きの恋」(1999)が好きなのですが、映画館でこの映画を観た時、アーティストの苦悩というか、不器用さに、思わず涙してしまいました。。
劇中に流れるギター演奏がとってもかっこよくて、すぐにサントラを購入して聞きまくりました。

その時、ジプシージャズと、ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの存在を知りました。
超絶技巧、ハイスピードな指の動き。それに、土着っぽさとこじゃれた感が融合した感じとか、私好み!
音楽について、詳しいことはわかりませんが、一気に惹かれました~。
自分の個展のBGMは、テーマ曲のごとく、ジプシージャズをかけるようになりました。

滅多にジプシージャズの演奏を聴ける機会はありません。。と、思っていたのですが…

ありました!!
広島在住のジプシージャズ専門のギタリストさんがおられました!!それも、江波や加古町という近場でもライブをされているとのこと!
引っ越し早々の5月、フエルストアのライブに駆けつけたら、満員御礼で入れませんでした。。
そして今回、予約ばっちりでお邪魔しました!
なんと、ニシウラさんのギターまで、手が届きそうな近距離、最前列で、クラフトビールと美味しいごはんと共に、3ステージも堪能させて頂き、サイコーな夜になりました!

急きょ、お客さんが飛び入りでウッドベースを演奏。セッションが始まりました。盛り上がりました!
後から知ったのですが、ベースのお客さん、友達のバンドメンバーでした。偶然にびっくりしました。

Img_6722
ニシウラさんのライブが、もしかしたらもっと増えるかも。交渉中とのこと。ぜひぜひ、毎週お願いします!
お店の雰囲気は楽しくて、和やか。居心地良いです。
楽しかったなぁ~。今度は、南インドカレーパンチョリを食べに行こう!

 

 

 

| | コメント (0)

6月の不動院仏画教室

今月も、不動院仏画教室を開講しました!
前日の大雨で、避難勧告が出された地域にお住まいの生徒さんも何人かおられましたが、皆さん無事でした!元気なお顔が見られ安心しました。

雨上がりのさわやかな空気と心地よい風、境内から聞こえるお琴の音色に癒されながら、作業開始!

不動院教室のメンバーは、いろいろな彩色画にチャレンジされています。

Photo_64
こちらは、暈繝(うんげん)彩色の鳳凰です。
色鮮やかなバックの牡丹色に、葉っぱの部分に寒色のうんげんが入り、全体のバランスが少しずつ取れてきました!
若草色とボタン色のハーモニーが良いですね!


こちらは淡彩色に挑戦されています。
Photo_63
下絵を墨書きし、裏打ち。
その後、ヤシャブシという実を煎じた煮汁で和紙を染めました。
教室で使っているヤシャブシは、こちらの生徒さんのご親戚が、わざわざ山で収穫してくださったものです!いつもありがたいです。


こちらは、紺紙金銀泥写経『仏説阿弥陀経』。
Photo_62
写経の枠線を「界線」といいまして、溝さしとガラス棒を使って、直線描きを行います。
単純作業ではありますが、慣れるまで、なかなかうまく線が掛けません。。毎回、一線一線、ゆっくり、生徒さんと共同作業で引いています!


今回のおやつは、浅野四十二万石本舗天光堂の「江波山蕨ロール」をチョイス。
江波舟入~吉島~千田エリアの方にとって、なじみのある和菓子屋さんといえば天光堂。だと思う。。

もちもちの手作り蕨餅と大納言と鶯きな粉が入った、抹茶風味のロールケーキ。
Photo_60
江波に引っ越してきて、毎朝、江波山を眺めています。
こじんまりとして、細長いお山の
フォルムとロールケーキ、どこか似ているような気がしました。。

上品な甘みで美味しかった!
Photo_61 

今回の教室も、活気があり、楽しく過ごさせて頂きました。
教室が終わった後、生徒さんから感想メールを頂くのですが、その中に、「元気を頂きました!」とあり、とても嬉しく思いました。
仏画を上手に描くことも、大切な目標の一つですが、仏画を通して、元気に、前向きになってもらうことが大事だと思っています。
「元気」こそが、この仏画教室の最大テーマなんです!
不動院教室には、around80の方が3名、クレド教室にはaround90の方が一名いらっしゃいます。
「なぜそんなに元気なの?」と聞きたいくらい、活動的で、パワフル!

私も皆さんを見習って、元気満々なアラ80になりたいと思っています!


| | コメント (0)

5月の不動院仏画教室

今月も、不動院仏画教室開講。

ゴールデンウィーク明けだからか、参加者少なめ。そして、装飾写経に挑戦されている方ばかりでした。


Photo_25
こちらは、『般若心経』の装飾写経。緑色に引き染めした和紙に、墨で下絵と写経の界線を描いた上に、淡く彩色したところ。

2
その後、界線を、金茶の絵具でもう一度描き、全体に砂子を撒きました。
この砂子に使った箔の切り回しは、数年前に、アトリエの大家さん(仏具作りをされています)から頂いたものです。
当時、仏画教室には、まだ装飾写経の制作をされる方がおられなかったのですが、
いつか、教室の方々に使ってもらえる日が来るかなぁ??と淡い期待を抱きながら、倉庫に置いていました。
とうとう、生徒さんに大家さんの箔を使ってもらえる日がやってきて嬉しいです!!
大量にいただいているので、生徒さんには、作品作りでどんどん使ってもらいたいです!

そして・・・
Photo_26
こちらは『阿弥陀経』の紺紙金銀泥経に挑戦されています。
ガラス棒と溝さしを使って、紺紙に銀泥で界線を引きます。集中されてる様子でした!
集中力を切らすと、まっすぐな線は描けませんが、緊張しすぎると、筋肉がこわばって線がぶれたり、画面を絵具で汚してしまいがちです。
私のやり方ですが…体幹はしっかり保って、外側の筋肉はリラックス。息を吐きながら、力まず軽やかなリズムで筆を滑らすと、ブレないまっすぐした線が描けると思います。最終的には、練習第一ですね!

お茶タイムは、「虎屋本舗」タイガーストライプの虎焼と、生徒さんからのお土産「ふろしきまんじゅう」を頂きながら、皆さんでお話ししました。

Photo_27
ふろしきまんじゅうは、作り立てでないとだめだそうで、教室開校日にタイミングを合わせて、鳥取から買ってきてくださいました!心使いに感謝です。

メンバー数少なめなので、お一人ずつ近況をしっかり聞けました。
介護の事や、体調の事。皆さん、人生の先輩なので、自分の経験していないことなど、いろいろお話が聞けるので勉強になります。

そして、話題の中心は私の引っ越し。
私が第一希望にしていた地域で、なかなか引っ越し先が決まらず、数か月、現地と地元を行ったり来たりを繰り返していたことを、皆さんは知っているので、ずっと心配してくださっていました。
全く違う場所となりましたが、ようやく移転地が決まり、大変安心してくださいました!ありがたいです。

月一回の教室なので、メンバー全員とお会いできないのは、ちょっとさみしいですが…
お一人お一人にしっかり付きっ切りになって制作が出来たので、充実感満点!皆さんにも喜んでいただけたようで、本当に良かったです。。



 

| | コメント (0)

不動院仏画ワークショップ無事終了!

2019  
晴天の中、今年も不動院薬師大祭が執り行われました。
20193
昨年まで、私は参拝者の一人でしたが、今年は、不動堂にて仏画のワークショップを開催させて頂くことになりました!
Photo_19

現在、引っ越し作業でばたばたしており、ワークショップの宣伝が十分に出来なかったので不安がありましたが、
始まって早々、色鉛筆仏画の希望者がお越しくださいました。
Photo_20  
早々とコツをつかまれて彩色されてました!

少年たちも、元気にお不動さんを彩色してくれました!

5 2019_2

2019_4 塗り始める位置が、三者三様で面白かったです!

 

 大人の方々も、限られた時間の中、集中して描かれておられました!
20195

こちらは、薬師如来のお守り作りです。
20197
今回、私が制作した薬師如来の下絵を、墨で線描きして頂きました。
完成したお薬師さんに、不動院の御朱印を入れさせていただきました。

Photo_21
仏画教室メンバーさんが縫ってくださったお守り袋に、仏画を納めまして、総角結びをしました。
ワークショップ前半は、色鉛筆仏画の方が人気ありましたが、後半は、断然、薬師如来のお守り袋が人気となりました!

201910

2019_5

20199

書院には、一字金輪座像、不動堂には、不動明王や双龍、愛染明王などなど、私の描いた仏画と、生徒さんの仏画が掛けられました。
たまたま参拝に立ち寄られた方々が、じっくり仏画に目を留められている様子が嬉しく思いました。

今回、不動院教室、クレド教室から、生徒さん一名ずつお手伝い頂きました。
初めての経験でしたので、参加者が込み合ったさい、少々バタバタしてしまいましたが、終始、チームプレーが上手くいき、スムーズに進みました。お二人には、感謝の気持ちでいっぱいです。

普段、周囲の方々から、仏教(宗教?)に対する嫌悪や偏見をぶつけられることがあり、悲しい気持ちになることがあります。
仏教は、生きることの苦しみを乗り越える方法の一つと考えています。
どこかの宗派に所属しなくてはならないというものではなく、どなたにでも触れてもらえるものだと思います。
そういった思いを抱えて生きる日々ですが、今回、収穫がたくさんありました!

小中学生が柔らかな心で、楽しんでお不動さんを描いてくれたこと!
御朱印集めや寺社仏閣巡りを趣味にされてる若い世代の方が仏画に興味を持って、実際に描いてくださったこと。

参加者の方々のお顔が、明るくって、楽しそうだったこと!
そんな姿を眺めていたら、心が救われるようでした。心でうれし涙でした!
有意義な一日を過ごさせて頂き、不動院の皆さん、協力してくださった仏画教室メンバー
には、心より感謝申し上げます。

今回の経験を生かして、今後もいろいろな形でワークショップを開催出来たらいいなぁと、メンバーと話しております!
ハイ。次のお題は、すでに決まっております!(笑)

| | コメント (0)

毘沙門さん参り

朝から良いお天気!友人と緑井の毘沙門堂に行ってきました!

毘沙門さんは、権現山(396.8m)という小高い山にあります。

Photo_12
本堂は、山の中腹にあり、参道を登山気分で登ります。

Photo_13 手水舎で、沢蟹がお出迎えしてくれました!

お寺の写真は撮り忘れましたが。。。
さすが!毘沙門さんを祀るお寺ですので、いたるところに虎ちゃんがいました!狛犬も虎バージョンでした!
虎好きの私としては、ナイス空間。毘沙門天立像制作中の身ですので、しっかりお参りしました。

境内に建つ本堂は、柱の色がまだ新しく、キラキラ輝いておりました。
2014年の土砂災害の際、毘沙門堂も被災され、お堂に土砂が直撃したそうですが、現在、力強く再興され、立派なお堂が建てられたのでした。

お寺に訪れた日は、ちょうど4月21日。弘法大師のご縁日。偶然にも、ありがたい日にお参り出来て、縁起が良いなぁ。。
(弘法大師空海さんが
入定された3月21日で、新暦に換算して4月21日が正御影供とするお寺もあります)

お参りを終え、境内からつながる山道を登りました。
まずは、多宝塔へ。
6
里見の岩で休憩。すでに景色は良好!心地よい風が吹き抜けていました。ミツバツツジの花が見頃を迎え、新緑の松葉もキラキラ。
遊歩道と岩場が入り混じった山道をひたすら登りました。途中、いろいろな種類の椿が見られました。
Photo_14
汗かきながら、なんとか山頂に到達!
山頂からほんのちょっと下のベンチからの眺めが一番きれいだった!
Photo_15 
広島市内から瀬戸内海の島々まで一望 出来ました。安芸の小富士(似島)や、自分の家の近くにあるビルまで見えるとは!
心地よい風と野鳥のさえずりに癒されながら、のんびり景色を堪能。
友人は、野鳥とおしゃべりできるのか?!友人は口笛で野鳥の鳴きまねをすると、それに野鳥が答えるという…
野鳥とのコール&レスポンスの応酬が繰り広げられました!(笑)
山登りの経験があまりない私には、標高500メートルくらいがちょうど良いかもしれません。いろんな小さい山に登ってみたくなりました!

この数か月、次の居場所探しで、広島市内を駆け巡りました。私は作業人なので、なかなか条件に合う場所と出会えず、難航し、あきらめかけた矢先…素敵な場所とめぐり会いました!
京都から戻ってきてから、「いつ広島を離れれるんだろう??早く出ていきたい。。」と心に秘めて生活していました。
本格的な場所探しはしたくなかったし、京都から持ち帰った荷物も手を付けずにいましたが、少しずつ広島の仲間が増え、地元で活動できるようになり、改めて地元に根付いていきました。
今回、権現山頂から、広島市の景色を眺めていると、「ここで生活していこう!」と心から思えました。

新たな生活をスタートすることが決まった翌日、お大師さんや毘沙門さんにご報告出来たことで、心がすっきりしました!
友人も私の居場所探しに協力してくれた一人、感謝の一日でした!

Photo_16 アトリエで制作中の毘沙門天立像と虎さん 


 

 

 

 

| | コメント (0)

三月の不動院仏画教室

今週は、京都のお稽古から始まり、ちゅーピーカレッジ仏画教室と続いて、最後は、不動院仏画教室でした。
最近、受講内容に装飾写経をプラスしてから、生徒さんの出席率が上がったように思います。
装飾写経は、紺紙に金泥で描くタイプと、墨線と淡彩色で描くタイプがあります。
まだ極彩色の尊像やうんげん彩色を描いたことのない方にも挑戦して頂けるので好評です。
初めて作品制作に挑戦されていらっしゃる方は、墨描きをひたすら練習していた時より、活気に満ちて、お元気そうです!(笑)
先月から、京都の導場やカルチャースクールで開講している「色鉛筆仏画」の勉強を始めました。
今回、不動院教室で色鉛筆仏画のテキストを見て頂きました。
Photo_4 阿弥陀如来2 不動明王
すると、、、生徒さん数名が興味を持っていただき、やってみたいと言ってくださいました!
嬉しいです。。
このテキストは「守り本尊」初級で、「初めの一歩」で、まだ、いろんなテキストがあります。
京都の導場の先生クラスの先輩の作品は、「塗り絵」と一言で片づけることの出来ない凝りよう。素晴らしいです。
日本画の絵具が使えない方にも、仏様を描いて頂けるように、なると良いなぁと思います。
私も、いろいろな可能性に挑戦したいと思います。まずは、私が色鉛筆を使いこなせるようにならなくては!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月のちゅーピーカレッジ仏画教室

三月に入りました!
第一水曜日は、ちゅーピーカレッジの仏画教室です。全員出席、うれしいです!
先月、紺紙金泥画の大日如来を完成された方が、今月から、紺紙金泥画の不動明王の制作を開始。
Kuredo_sakauhinseisaku
熱心な生徒さんなので、この一か月で、下絵をトレーシングペーパーに写してきてくださっいました。
今回は、チャコペーパーを使って、紺紙のボードに写す作業から開始!
今まで、不動院教室 とクレド教室で使っていた紺紙の濃紺色が廃盤になったようで、
今回から、ワントーン明るい紺色になりました。
一般で売られている「紺紙」は、今回の色がスタンダードなのだと思います。
ちょっぴりマニアックな、黒に近い紺色が好みなので、少々がっかり。。
ここ最近、日本画の画材を作っている業者さんが、次々に廃業されていると聞きました。
実際、以前から馴染みのある画材が手に入らなくなったりすることがあったので、
なぜだろうと思っていました。
先日、仏画で使える3尺以上の大幅の絵絹を作れる業者さんがなくなったというお話を、京都の導場で伺いました。
最近の絵絹が、以前のものと調子が変わったような気がしていたのですが、
いろいろな現状を聞いて、腑に落ちました。
昔ながらの技法で日本画を描く人が少なくなっているので、
昔から使われている画材も、どんどん消えていくのだろうなぁ。。と思うとさみしいです。
私一人が仏画を描き続けたとしても、日本文化の衰退は止めることは出来ませんが。。
教室の生徒さんに、絵絹や和紙、筆や墨、金泥など、日本画の画材をつかって描く絵画のかっこよさや楽しさをお伝えすることが、小さな一歩というか…(笑)
「草の根運動」になれば良いなぁ~と思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧