波濤を越えて

宗像さんから戻ってきて、玄界灘をテーマにした作品が作りたくなりました!
先日、年末のレクチャーコンサートでご一緒する田坂蘭子さんからお土産、府中市特産の桐箱に、玄界灘の男らしい波を文様的に描くことにしました。

Photo_20201019013702
まずは、下絵作り。鉛筆でちょこちょこ描く。

そして、桐箱に下絵を写して、うんげん彩色を施しました。
題は、「波濤を越えて」です。
Photo_20201019013601
波濤(はとう)とは、大きな波、高い波、うねる波という意味があります。

透明度の高い海水だったので、あえて色数を2種類にしました。集中して、一気に描き上げました。

そして、所々、波しぶきの部分にパールをちりばめ、蓋の四隅に彫金金具を付けました。

Img_2441_20201020163001

 

そんなこんなしていたら、お魚ちゃんがアトリエにやってきました!毎度っ!!

Photo_20201019014201 
ハマチにさごしに真鯛!

その朝、いつもの魚屋さんで、大特価の小さな真鯛盛りを発見!いつもなら即買いですが、なんだか異様ーーに悩んでしまい、真鯛盛りの前で仁王立ち。。店内を行ったり来たりして、最終的に買わずに帰宅。。

でもでも…

その晩、ご近所さんから、もっともっと素晴らしい真鯛ちゃんが家にやってきました!
鯛がキラキラ輝いていたので、しばらく眺めていたら、作品展アイデアが思いつきました!

魚を頂いた時、三種が入ったちらしずしがひらめき、さっそく捌きました!
お寿司の具は、青じそ、ミョウガ、いりごまとシンプルに。上に錦糸卵と焼きのりを乗せて。

思いつきで、魚の中落ちの身をスプーンでそぎ取り、甘辛いそぼろを作り、すし飯に混ぜました。

Photo_20201019020002 
テキトーに考えた中落ちそぼろ、意外にも、すし飯のアクセントをプラスして、家族に好評でした!

具を混ぜた寿司飯の上に、ハマチとタイの刺身を散らして完成!
Photo_20201019020101

Photo_20201019020001
こちらは昆布締め。アラは出汁取って、お吸い物にしました。
 

ちょうど魚を頂いた翌日、長年お世話になっている方がアトリエに来てくださる予定だったので、未熟ながら、ハマチを心込めて捌いき、プレゼント!大変喜んで頂き、私の方が幸せな気分になりました!

幸せタイムを、ありがとうございました!そして、頂いた魚たちのいのちに感謝🙏🙏

 


 

| | コメント (0)

宗像さんへ

予定していた友人との約束が、急きょ延期となり、仕事しようと思っていたのですが、朝起きて、ふと思い立ち、旅に出ることにしました!

どこへ行ったかというと・・・福岡県。

宗像大社です。
Img_23351

日々、お参りしている氏神様であり、atelierでお祀りしている宗像三女神の総本宮です。
Img_23391
元々の予定に、地御前神社参拝が含まれていました。こちらの主祭神も、宗像三女神なので、
場所は、廿日市から福岡と、思いっきり遠くになっちゃいましたが…予定通りと言えば、予定通りです。。(笑)

作品展のテーマが「わたつみ」に決まってから、いろいろなキーワードがつながり始めたのですが、
その中に、宗像大社の高宮祭場があります。言葉になりませんが、写真を見た時に、ものすごく引き込まれました。。

高宮祭場は、辺津宮の裏山にあり、古代の祭祀場。今は、社などの建物はありません。
何度も言いますが…私は山道を歩くのが怖くて、大の苦手…お寺の奥の院をお参りするのも苦手なのです。。汗
数分ほどの高宮祭場までの山道も、もれなく不安でしたが…びっくり!!
江波山を歩いている時の感覚とそっくり!めちゃめちゃ気持ちよくて、怖さなど全く感じない、優しささえ感じる山道でした!
巷では、パワースポットとして有名な場所だそうですが、私はパワースポット情報には疎いので、よくわかりませんが…
高宮祭場をはじめ、辺津宮、第二宮、第三宮は、健やかになれる場所で、江波山の衣羽神社に居る時の感覚と似ているということは感じましたよ。

本当に良いお参りになりました!

そして、海へ。初の玄界灘!
ミロちゃん、大興奮。大喜び!
Photo_20201015114802

2_20201015114801
大島を眺めました。

Photo_20201015114801

作品テーマが思いつかず、気持ちも焦る一方。前進しない日々に息が詰まりそうでしたが、
突破口を見つけた途端に、物事がいろいろ動き始めて、体が軽快に動くようになりました。
この調子で、年末に向けて頑張ります!

宗像のお土産は、大島産マダコ、ヒラマサのあら、なぶらふりかけ。
晩、広島に戻ってから、お料理タイム!
 
Photo_20201015114901

小麦粉でぬめり取りをして下処理してから茹でました。

Photo_20201015114902

Photo_20201015114903
大好きなカマ焼き
Photo_20201015114904
今回は、ザラメを使って、こってり感のありアラ炊きにしました!

Photo_20201015114905
今、私の中に 「なぶら」ブームが来ているので(笑)即買いでした!

 

| | コメント (0)

HANAcafe open!

20代の頃の夢は、[小さなカフェを経営する]でした。
当時、日中は広島の袋町にあった某カフェで働き、夕方から彫金の勉強をして、合間に東京へジュエリーを売りに出かけるという生活。
お店のフードは私が担当。毎日、お店を開けて、1人カウンターに立ち、業務をこなしておりました。
長年、広島の中心地で経営者として生きてこられたオーナーさんから、毎日、1人で商売をする方法や美学など・・人生に関すること、いろいろ教えて頂きましたが…
ある日突然、オーナーさんとの永遠のお別れが訪れ、そのカフェは閉店。
そのタイミングで、ジュエリー販売が本格化し始め、その後、仏画との出会いもあり、カフェ経営やお料理することは、自分の心の中で封印しました。

しかし、封印から20年。封印解除!(笑)
空想上のカフェ、HANAカフェをオープン!!お一人様限定。(友達。。笑)

第一回は、大好きなタイ料理「タイ米フェア!」。

オープン前夜、カフェのメニューについて考えていたら、またまたすごいタイミングで、釣り好きご近所さんから、立派なハマチとヤズが届きました!いつも来客にご飯をふるまう前日だったりして、テレパシーですか??と言いたくなるほど!大変助かりました!心より感謝です。
 Img_22331_20201008232101
体も目も、キラキラ輝いていますね。

Img_22401_20201008232001
両親には、ハマチとヤズのお刺身、漬け丼、アラ炊きを作りました。父はハマチのお刺身が大好物!
今回のお客様は、魚が苦手。普段、生魚は食べません。。
そんな人だからこそ、お魚を美味しく食べてもらおう!と思い、生臭さを取るため、三枚におろして「塩締め」にして一晩置きました。


カフェ当日は、テラスに、バナナ、モンステラ、インド菩提樹などの南国系植物に囲まれた特別席を。
メガムンドゥンのバティックを、テーブルに敷いて、アジアン風に。
 Img_1906_20201008232801
タイカレーにタイ風カルパッチョ。そして、先日作ったサバの干物も(笑)

Img_1902_20201008232101 
塩締めにしたハマチはキラキラしてて、うまみが凝縮されていました。
冊を薄切りにして、ナンプラー風味の自家製ドレッシングをかけて。
友達に食べてもらえるか心配でしたが、「美味しい!美味しい!」と、魚の部分2人分をペロリと完食!!「してやったり!!」と嬉しい気分。。お魚の鮮度が、とてつもなく良いので、美味しいはずです。

食事が終わり、観音マリーナまで、サイクリング。観音マリーナは、ちょうど夕焼けタイム。のんびりしました。
Img_2253_20201008234201

atelier移転して一年ちょっと、「自分の思いを一番に大切にする」ことを目標にしてきました。
この言葉は、20年前に、カフェのオーナーさんから頂いた遺言の一つだったことに、ふと気づきました。

まだまだ出来ませんが…少しずつ自分の思いを優先するようになると、長年封印してきたことが目の前に現れることが、頻繁に起こっています。嬉しいこと、しんどくなること、半々ですが、少しずつ、ゆっくり心が癒されていくようです。

夢は、HANAの看板を上げること。忘れかけていました…
サボテンやアガベのGARDENを作りたい。
お客さまや生徒さんに来てもらえるようなアトリエを海の近くに構えたい。
今の場所は、看板を上げないという契約なので、自分の夢が叶う場所が他にあるということでしょう。。まだまだ先の話ですが…
夢が叶う、叶わないは置いといて…HANA'Sガーデンについて、このブログに書いてみたり、知り合いに語ったりし始めました。

そうしたら最近、偶然にも、第一候補地に関連する方々に出会い始めました!引き寄せるのでしょうか…???

さっそく来週、候補地在住の友人と散策に出かけることになりましたよ!ワクワクしています!

| | コメント (0)

fish birthday!

父の誕生日の朝、ちび鯖ちゃん23尾釣って帰ってきました!
かわいい顔をしてるね!
Img_2170
先週も私たちが釣りに出掛けた草津港だそうです。

朝から、ジャンジャン捌きました。テンション上がる!!

小さな魚は、一尾捌いたところで、なんとも感じませんが…このくらい無心に捌くと、ようやく楽しくなってきます。

小ぶりだし、数もあるので、久しぶりに干物を作ることにしました。
素人の私でさえも、釣りたての魚で干物をつくると、高級食材を扱う上品なスーパー(例えば、紀〇国屋とか成〇石井とか…)で売っていそうなお品に仕上がるのです!

干すからといっても、仕上がりにこだわりたいので、丁寧に開きまして、ベランダに干しました。
夜の漁港っぽい画像ですが、自宅です。。汗
Img_2180 選択ばさみは失敗!!

そして、翌朝…
Img_2192 Img_2186

キラキラの干物が出来ました!

Img_2194網焼きして…
Img_21991美味しい朝食となりました!

そして、誕生日の晩は、魚屋さんから捌きの練習用にサゴシ(60円也)2尾を買い、私の想像上アフリカを料理にしてみました!

魚料理が再燃してから、ふと思い出したことがありました。アフリカにも、魚、米文化があることを。

 

以前、一度だけお会いした、アフリカでご活躍されている魚の専門家さんからお聞きしたことがあり、ネットで調べて、「チェブジェン」というお料理に行きつきました!
Img_2172

パセリやニンニクやトウガラシをペーストにしてお魚に塗り、焼いて取り出す。

大きく切った野菜(大根、ニンジン、ナス、キャベツなど)を、マギーブイヨンや調味料いろいろ入れて煮込む。
煮込んだ出汁汁でタイ米を炊く。

Img_2174

タイ米が炊けたら、具を戻す。

Img_2175  
私の想像上のチェブジェン。。。(笑)見たことも食べたこともないので、これが正解から遠いのか、近いのか…全くわかりませんが…
奇跡的に…美味しかったのです(笑)

大のエスニック好きとしては、魚とエスニックのコラボをしなくては!いろんな国の魚料理を見てみたいです!!

 

先週も孫たちと魚釣りでにぎわい、今週は謎の魚料理でにぎわい、父にとって良い誕生日になったはず…???

| | コメント (0)