『理趣経』を写経し、巻子に仕立てました。題箋、軸先は、彫金技術、装飾写経は、仏画の技法で制作しております。この見返し絵は、愛染明王を描いております。