『観音経』を写経し、巻子本に仕立てました。軸先と題箋は、彫金技法、装飾写経は、仏画技法にて制作しました。