円花文は、よく仏さまの衣の文様で見られます。暈繝彩色で描いております。