仏画の軸先です。これは不動明王坐像を描いた際に、制作したものです。
それぞれに、コンガラ童子、セイタカ童子の梵字が入っております。