「鸞」という鳥は、中国の文学で登場する架空の大きな鳥のことです。

双鸞は、つがいの鳥という意味。

中国で、離ればなれのつがいの鸞がお互いを求め合うという説話があって、
双鸞をモチーフになった「双鸞鏡」は、愛し合う(時にはなれねばならない)男女の思いを映し出す鏡なのだそうです。。